こんばんは。

家と心の空間アドバイザー

もりかど あゆみです。

 

みなさんは、家族のモノを勝手に【要らないモノ】

だと判断し捨てて、トラブルになったことはありませんか?

 

片付けの基本は

【自分のモノは自分で判断すること!】

 

例え家族でも、勝手に捨ててはトラブルの原因になるので要注意ですよ。

 

私も、片付けを深く学ぶまでは、

帰省する度に、実家を片付けてあげていた。一人。

 

そう。勝手に片付けあげていただけ。

 

いつしか、母は、

「あゆみが来るとモノが捨てられる~」

と冗談で言うようになっていましが。。。

 

今はそういうことはしません。

しないと決めていますのでご安心を。

 

片付けを通して学んだことは沢山ありますが、

その中のひとつは

【違いを知って違いを認める】ということ。

 

片付け=こうあるべき!

 

というガチガチの固定観念を取っ払って、

モノを住まい手の性格や、

行動に合った方法で収めていくという事を学んでからは、

帰省してもじっと大人しくしております。

 

ただじっと・・・。

見ない!聞かない!言わない!を徹底しています。そうじっと・・・

 

住まい手は私じゃないのだから・・・

と言い聞かせ。

 

私の母のティッシュの使い方をご紹介します。

こちら↓

 

実家ティッシュ

 

使う分の箱を取り出すのではなく

上手にフィルムを切り、(母のことだから多分、手)
残り2個はスタンバイ状態で使うという天才的な発想!

 

母いわく、

「無くなっても取りに行かなくていいさ~」だそうです。

 

とても衝撃を受けた私は

思わず写真を撮ってしましました。

 

そして私は

何も見なかったかのように

ティッシュを使うのでした。。。